より快適な操作を目指して!~持ち方別・マウス選びのポイント~

常に触れているものだからこそ、こだわりたい。

タッチパネルやトラックパッド搭載のパソコンはあれど、ポインティングデバイスの定番はマウスです。

世の中には無数のマウスが販売されていますが、「どれが自分に合うのかよくわからない」という方も多いのでは?

自分に合わないマウスを使い続けると、カーソルが思ったように動かないばかりか、腱鞘炎になる危険性も……。

普段何気なく使ってるマウスを「どう持っているか」によって、自分に合うマウスの方向性が決まりやすいです。

マウスの持ち方は大別して「かぶせ持ち」「つかみ持ち」「つまみ持ち」の3通り。

mous

もちろん、これ以外の持ち方をする方もいますが、この3種類の派生形であることが多いです。

持ち方によって、それぞれ長所と短所がありますのでご紹介いたします。

かぶせ持ち

kabuse「かぶせ持ち」とは手のひら全体でマウスをホールド(保持)し、大きく・速く動かすことに長けた持ち方です。

また、マウスの保持点が多いため、長時間作業していても疲れにくいのもメリットです。

一方、大きく動かすのは得意ですが、1ドット単位で動かすなど微調整は苦手で、クリック速度もそれほど速くありません。

中型~大型のマウスでも比較的楽に扱うことができ、重量級のマウスは操作が安定する反面、小型軽量のマウスでは指先や手のひらがはみ出してしまうため、使いづらくなってしまうこともあります。

つかみ持ち

tsukami「つかみ持ち」は指先と手のひらの一部でマウスをホールドし、高速でクリックすることに長けた持ち方。

指先の微妙な感覚を直接マウスに伝えることができるため、比較的細かいマウスコントロールが得意。

PCゲーマーやクリエイターなど、繊細な動きを必要とする方に多い持ち方です。

ただし、つかみ持ちに慣れないうちは、逆に違和感を覚えてしまうこともあります。

また、頻繁に持ち上げることが多い環境では、重量級マウスを使っていると疲れやすいのがデメリットです。

小型~中型で、本体中央にくびれのあるような、軽量マウスがおすすめ。

つまみ持ち

tsumami「つまみ持ち」は、ほとんど(もしくは完全に)指先のみでマウスをホールドする持ち方です。

手のひらはマウスの最後尾に触れる程度という、いわゆる「宙ぶらりん」で操作することになります。

前述の「つかみ持ち」よりもさらに精密なコントロールが可能。

加えて、指先のみでマウスをコントロールすることで、俊敏性に優れています。

しかし、かなり不安定な持ち方なので、慣れないうちは操作が困難になってしまうことも。

「つかみ持ち」と同様、小型軽量マウスが向いていますが、マウスボタンやホイールが指先から離れすぎていないかがポイント。

また、マウスを指先で持ち上げる関係上、指のひっかかりも重要です。

側面が深くえぐり込んでいるようなマウスであれば、快適な操作がしやすいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

マウスの持ち方は人それぞれですが、だからこそベストフィットしたマウスを選ぶことは重要です。

いつも使っているマウスが「どうもシックリこないなぁ……」という方は、今回の記事を参考にして頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

TOM
TOM
本名「うえなか」。2014年入社。座右の銘は「人生は一度きり」。根っからの自作PC派で、趣味はシミュレーション系PCゲームと野球観戦。ファン歴30年以上、生まれて気がついたら"阪神ファン"でした。