【Windows10】無償アップグレードすべきか?トラブル発生に関するまとめ

ついに7月29日より提供開始となりましたWindows10。

すでにアップグレードを終えている人や、今まさに更新中の人、そして今か今かと順番を待ちわびている人など様々ですが、パソコンのシステムを変更するため、いろいろなトラブルが発生しているようです。

今回は、現在確認されているトラブルのうち、代表的なものをご紹介致します。

「システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした」エラーが出てアップグレードできない

01sys

これは以前から予期されていた問題ですが、現在のMBR(マスターブートレコード)システムの予約領域が100MB程度の場合、容量不足でアップグレードできない場合があります。予約領域を広げると解決する問題ですが、すでに確保されている領域を不用意に変更すると、データが分断されて元OSすら起動しなくなることもあります。

また、HDDやSSDの空き容量が少ない場合、アップグレードに必要なファイルが保存できないため、失敗してしまうことがあります。

「Windows10へのアップグレード中にブルースクリーンが発生」

04blue

Windows10は周辺機器からの応答が10秒以内に完了しない場合、ブルースクリーンエラーが発生することがあります。プリンタ・USBハブ・マイク・WEBカメラ、そして増設モニタなど、普段の環境で使用しているものでも、取り外せるものは全て取り外してからアップグレードを実行した方が無難です。

また、まれにですが増設ドライブ(Windowsが入っている以外のHDDやSSD)が原因で同エラーが出る場合がありますので、いわゆる「最小構成」でアップデートを実行しましょう。

「Windows10にアップグレードすると、アクティベーション(認証)に失敗する」

Microsoftは上級者向けにWindows10をイメージファイル(isoファイル)にて配布していますが、元OSに対応していないバージョンをインストールすると、認証ができません。

例えばWindows7 Home Premiumを使っていて、Windows10 Proをインストールすると認証に失敗します。
自動更新の場合は元OSに対応したWindows10が自動的に選択されるため、Microsoftは自動更新によるアップグレードを推奨しています。

【アップグレードに対応するOS】
Windows7 Starter・Home Basic・Home Premium → Windows10 Home
Windows7 Professional・Ultimate → Windows10 Pro

Windows8.1(ノーマル)・8.1 with Bing → Windows10 Home
Windows8.1Pro → Windows10 Pro
Windows Phone8.1 → Windows10 Mobile

「以前のOS(Windows7や8.1)へのロールバックに失敗」

Microsoftは「Windows10へアップグレード後、一ヶ月間は以前のOSへ戻す(ロールバック)ことが可能」と発表していますが、こちらもトラブルが続出しています。

公式発表では、

  • Windows10のアップグレード後に新しいユーザーアカウントの追加
  • Windows10のリセットを実行
  • Windows.old(以前のWindowsイメージファル)の破損・削除

の状態ではロールバックが不可能とされています。

また、ロールバックで元通りの環境に戻ることは少なく、一部機能が消えてしまっていたり、エラーが発生するなどの不具合が報告されています。完全に元に戻したい場合は、リカバリやクリーンインストールが確実と言えるでしょう。

「HDDなどのデバイスを追加するとWindowsの認証が外れる」

HDDやSSDなどストレージ構成を追加・変更した場合でも、Windows10のアクティベーションが外れてしまったり、ロールバックができなくなる現象が報告されています。

これはWindows10が「海賊版対策で行っているハードウェア管理に問題がある」と考えられており、迅速な修正が待たれるところです。なお、外付けのデバイス(USB接続のHDDなど)は問題なく接続できるようです。

まとめ

今回は「無償アップグレード」ということで大きな話題となっていますが、少なからずトラブルは発生している模様です。今の環境(Windows7や8.1)に不満がないのであれば、少し落ち着いてからアップグレードを実行するのがオススメです。

もちろん、Windows10をクリーンインストールする場合、こういったアップグレード関係のトラブルは少ないと思いますので、どうしても新OSを使いたいのであれば製品版を購入した方が良いかも知れませんね。

この記事を書いた人

TOM
TOM

本名「うえなか」。2014年入社。座右の銘は「人生は一度きり」。根っからの自作PC派で、趣味はシミュレーション系PCゲームと野球観戦。ファン歴30年以上、生まれて気がついたら”阪神ファン”でした。