【解説】 メーカー別・Windows10から7や8にロールバック(リカバリ)する手順

0000

パソコンを使用していると、購入時の状態に戻したい…いわゆる「初期化」がどうしても必要な時があります。最近、当店でも特に増えているご相談は

Windows10にアップデートしたけど、やっぱり元に戻したい という内容です。

Windows10は色々便利な機能が追加されていますが、もともとWindows7や8で使っていたパソコンをアップデートすると「何だか調子が悪い」「重くなった」という声もお聞きします。

そこで、今回は、Windows10を元のOSに戻す方法をご紹介します。

Windows10にアップデートして1カ月以内の場合

01

このケースは比較的簡単に元に戻すことができます。次の通り操作すればOKです。

1.デスクトップのWindowsマークから設定を開き「更新とセキュリティ」をクリック

02

2.「回復」→「Windows7に戻す」を選ぶ

03

順調にいけば、それほど時間がかからずに終了します。

ただ、先日は「元に戻した時にデータが消えてしまった」というご相談がありました。この操作を行うことで、データが消えることは原則ありませんが、念のためデータをバックアップしてから実行して頂くことがオススメです。

1か月以上経ってしまった場合

04

この場合は基本的にWindowsを初期化するしか方法はありません。初期化の方法は各メーカーで様々ですが、Windows7や8のパソコンはディスクを使わずにハードディスクから初期化を行うことがほとんどです。

具体的には初期化のためのプログラムを起動しないといけません。パソコンが起動する場合やリカバリディスクがある場合は、該当のプログラムを実行すればOKですが、Windowsが正常に起動しない場合は、次の操作方法を試して下さい。各社・機種ごとに起動方法が違いますので、代表的な方法のみ紹介します。

【富士通製パソコン】
メーカーロゴが表示された時に
<F12> で起動メニューを開く
<F11> リカバリーパーティションから起動
あるいは、メーカーロゴ時にマウスをクリックし「トラブル解決ナビ」を選択

【NEC製パソコン】
メーカーロゴが表示された時に
<F11> を押しWindows再セットアップメニューを起動

【Panasonic製パソコン】
メーカーロゴが表示された時に
<F2> でBIOSを起動し「終了」タブから「ハードディスク リカバリー/消去」を選択

【東芝製パソコン】
<0> を押しながら電源を入れる。

【ソニー製パソコン】
<F10> で「リカバリユーティリティ」が起動
あるいは電源が切れた状態で<Assist>と書かれたボタンを押す

【Dell製パソコン】
<F12> で起動メニューを開き「Boot to Utility Partition」を選択

【日本HP製パソコン】
<F10> を押すとリカバリメニューが起動
<F11> で「Backup&Recovery Manager」が起動

【lenovo製パソコン】
<F11> で「Product Recovery Program」が起動
あるいは、電源が切れた状態でリカバリ起動用のボタンを押す

これらの操作はタイミングが難しい場合もあり、正しく操作を行っても起動しない場合もあります。マニュアルなどに起動方法が詳しく書かれているケースもあるので、可能であればそちらもご覧下さい。

初期化プログラムが起動できない時は?

05

非常に困った問題ですが、Windows10へアップデートしたことが原因で、初期化用のプログラムが壊れてしまうケースが数多く報告されています。上記の方法を試しても、初期化が起動しない時は、アップデートが原因かもしれません。

ただ、初期化自体は可能です。具体的にはメーカーに依頼して戻すやり方と、Windowsをゼロからインストールし直す方法があります。

メーカーに依頼すると、時間や費用がかかる場合がありますが、購入時の状態に戻すことが可能です。Windowsをゼロからインストールし直す場合は、基本的機能の回復になりますが、比較的早く作業が進められます。

ただ、どちらにしても大切なデータを失わないために、データのバックアップは必須になります。

初期化が面倒な場合は…

06

初期化をすると、ネットワークの設定やプリンターのプログラム、メールの送受信やワード・エクセルなどアプリケーションの再インストールなど、様々な作業がやり直しになります。

「やっぱり面倒だなぁ」

という方は、当店のようなパソコン修理店に相談してみるのも一つです。データのバックアップや、設定の回復などを代行し元の状態に近づけることが可能です。どちらにしても「Windows10にして困った!」場合は、お気軽にご相談下さい

スタッフ・フクタンでした!