格安スマホを使ってみた!【イオンスマホ編】

00

最近、2人の小学生の娘に「スマホが欲しい~」と、言われて困っているスタッフ・フクタンです。

正直「小学生にスマートフォンは不要」と思っていました。なにしろ、自分が小学生の頃は、携帯電話は影も形もなく、憧れの通信機器が「トランシーバー」でしたし、初めて携帯を買ったのは社会人になった時でした(しかもPHS)。

しかし妻からも「塾の行き帰りや友達の家に遊びに行った時など、一人で出歩くことが多くなったので、連絡が取れないと不安」と、いわれました。

実はすでに一年前、格安スマホを導入したのですが、余りにスペックが低く、LINEの更新さえ満足にできない始末。月1700円ほど払っているので、もったいない。

と、言うわけで、格安スマホに本格的にチャレンジしてみました。

格安スマホと言えば?

01

格安スマホといえば、どの会社を思い浮かべますか? 我が家で候補に挙がったのは、

・イオンスマホ
・ワイモバイル
・楽天モバイル

の3社でした。ワイモバイルは定額通話プランがあり、楽天はポイントが貯まるという特徴があるのですが、料金とサービスのバランスの取れたイオンスマホを選びました。
正直、ページが見やすかった(笑)のも理由の一つです。

料金はこんな感じです。
通信料:1650円(データ通信:6GB)
本体代:1241円(24回分割)
…2年間使って月々2891円(税込3123円)

本体の検討

02

本体は京セラ製<S301>を選択。価格が29800円というのも魅力ですが「防水」「防塵」「耐衝撃」という丈夫さが決め手でした。

なにせ小学生が使う物なので頑丈なのは助かります。性能は今時のスマホとしては普通です。

実際に契約

04

WEBで申し込めるなら、カンタンだ! と、言うことでさっそくWEBページから申し込んでみました。

申込み自体は簡単でしたが「すぐにスマホが届く訳ではない」のが注意点です。私はすっかりスマホが届くと思っていましたが、3日ほどで、写真の封筒が届きました。

ここからスマホやPCから、本格的な申込みが必要です。と言っても、ややこしいのは、本人確認書類のアップロード程度で、全てスマホで済ませました。郵送でも手続きOKのようです。

初期設定をしよう

05

さらに2日程度でスマホが届きました! 申込みから1週間かかっていないので、思ったより早い印象です。

作業としてはいくつかの初期設定をするだけ。わずか15分程度で使える状態になりました。

格安SIMにありがちな、SIMカードを入れたり、アクセスポイントの設定をしたりすることもなく、本当に簡単です。この手軽さはちょっと感心しました。

使い勝手は…

06

さっそく、使ってみた感想ですが「小学生にはもったいない」できばえです。

  •  動作速度…サクサク動きます
  •  通信速度…LTE対応なのでYouTubeも快適に再生
  •  通話品質…全く問題なし。クリアです
  •  通話範囲…docomoの通信網なので範囲は広い
  •  ディスプレイ…解像度960×540ですが、粗くは感じません
  •  内蔵カメラ…特別キレイではないですが十分使える500万画素
  •  microSD…32GBまで利用可能
  •  重さ…iPhone6より18g重い146g。重くはないです

以前の機種とは比べものにならないほど、サクサク使えます。自分のiPhone6と比べると、画面の美しさやカメラの精度、本体の質感などはもちろん劣りますが、とにかく

月3000円ちょっとで使える!

なら十分すぎるほど。さらに防水や防塵対応で安心間があるのもいいですね。

唯一の問題点は、通話料が20円/30秒ということです。頻繁に電話をするなら、通話し放題プランが欲しくなるかも知れません。
ただ、アプリの利用で10円/30秒になりますし、そもそもセカンドマシンなので、着信中心なら全然OKです。LINEの無料通話も問題無く使えました。

使いすぎに注意!

07

導入3日目では、特に不満点もなく、子供達も喜んでいます。むしろスマホを使いすぎないように気をつけないといけない状態です。

妻は「使い慣れたiPhoneからは変えたくない」とのことでしたが、私自身は格安スマホでもいいかな~と、いう感じです。

結論。格安スマホ、とりあえず「あり」だと思います。