知ってそうで知らない!iPhoneのタイマー機能の便利な機能

00

私、よっしー はiPhoneを使いだしてから5,6年位が経とうとしていますが、つい最近、iPhoneにありそうなのに見当たらなかった便利な機能を知ってしまいました。周りの人に聞いても知ってる人はいなかったので、超マイナー機能な感じではありますが、「なんでこの機能がないのだろう・・」とずっと思っていたものが見つかり大満足しております。

知ってると便利なんでここでご紹介したいと思います。

そしてその機能とは…

すごく単純「スリープタイマー」です。

今まではiPhoneで音楽を鳴らしながらベッドに入った場合、スリープタイマー機能がないので朝まで鳴りっぱなし、YouTubeでも音楽集やメドレーなど、分数の長い映像もきっちり最後まで再生されていました。もちろんその分バッテリーもしっかり消費されています。
1時間程度再生してくれれば十分なのに…という不満を解決!しかもiPhone標準機能なので余計なアプリインストールなど、面倒なことも必要なし!

では実際1時間で音楽再生が止まる設定方法をご紹介いたします。

1.標準アプリの「時計」を起動します

1

2.「時計」アプリ内右下にある「タイマー」を選択します

2

3.「タイマー終了時」の右側にある文字を選択します

3

4.タイマー音のリストがでるので、一番下までスクロールします。「再生停止」があるので選択した後、画面右上の「設定」ボタンを押します。

4

5.「開始」ボタンを押すとタイマーが開始されます。

5

これでタイマーセット完了です。

あとは普通に「ミュージック」で音楽を聴いたり、「YouTube」アプリでいつもどおり再生するだけ。タイマーの時間が来たらアプリが終了し、ロック画面に戻ります。ゲームアプリなど他のアプリでも使えるみたいなので、いろいろと便利に使えますね。

一度試してみてくださいね~♪

この記事を書いた人

よっしー
よっしー
チーフ「よしだ」。2009年入社。座右の銘は「真面目に取り組む」。プログラミング全般、ウェブ製作、ネットワーク関連に強い。趣味は映画鑑賞、海外ドラマが大好き。