初めての中古パソコン購入3つのポイント ~検討編

00

スタッフ・フクタンです。今回は、よくご相談を受ける「中古パソコンの選び方」について「中古パソコンを買って失敗した!」とならないための3つのポイントを紹介します。

パソコン入門用にお手頃なパソコンをお探しの方、今使っているパソコン以外にサブマシンとしてもう一台欲しいという方、お仕事などで緊急に1台パソコンを購入しないという方など「新品以外のパソコン選びの選択肢」をお探しの方は必見です。

ポイント1 メリット・デメリットを知る

01

そもそも中古パソコンを買うメリットはどこにあるのでしょうか?

実際にたくさんのお客様からお聞きした購入理由で一番多いのはやはり「価格の安さ」です。新品に比べ、約半分から3分の1程度の予算でパソコンが購入できるは魅力的です。

しかし「安さ」だけを基準に選ぶと、後で「思っていたことが出来ない」「新品にしておけばよかった」という結果になりかねません。そこで大切なポイントは「いま、パソコンを使ってやりたいこと」が「中古で十分」かどうかを判断することです。

また、一般的な中古パソコンの不安点は「使いたい機能が使えないのではないか」「すぐに壊れないか」「ちゃんと保証があるのか」と言ったことです。中古パソコンを選ぶ時には、それらの不安点がクリアできるかどうかをしっかり確認することも大切です。

ポイント2 目的にあったものを選ぶ

fukutan_used_pc_sale

これは中古パソコンに限りませんが、パソコン購入時は「使用目的を明確にする」ことが大切です。具体的に例を挙げて、中古パソコンがオススメできるケースを考えてみます。

簡単な文章作成や年賀状づくり、インターネットの閲覧などに使う

こういった用途には、中古パソコンは最適です。比較的価格の安いものでも、十分な場合が多いので、中古パソコンを選ぶメリットが大きいケースです。ただし、必要なソフトが最初からインストールされているかどうかの確認が必要です。

とりあえずパソコンに慣れるために使いたい

パソコン入門用にも中古パソコンは向いています。パソコンはできることが多いので、そもそも「何をするものなのか分からない」という方が、中古で慣れから新品購入を考えられるケースも多いです。

仕事で使いたい機能がある

一般的に余分な機能が省かれたものが多い中古パソコンは業務用途に適しています。ただ、特殊なソフトを使いたい場合は、パソコンのバージョンや機能の確認が必要です。

動画・写真の編集を楽しみたい

中古=動作が遅い、と言うイメージがありますが、少し型が古い場合でも、高性能なパソコンであれば、十分に使える場合が多いです。

逆に、一般的に中古パソコンより新品パソコンが向いているケースはこんな場合です

05

できるだけ長い保証が欲しい

中古パソコンはやはり新品に比べ保証が短い場合が多いため、少しでも長く保証をつけたい場合は、向いていません。中古パソコンを選ぶ場合「価格が安いぶん保証が短い」とある程度割り切る必要があります。

最新ゲームを楽しみたい

パソコンゲームは常に進化していますので、中古パソコンでは力不足の場合があります。もちろん、中古と言っても最新の機能が搭載されたパソコンが売り出される場合もありますので、あくまでも一般的なケースです。ただし、高性能なパソコンは価格もそれなりに高くなります。

資格の取得や学習用として使う

学校や資格取得に使うケースでは、最新のソフトや機能が求められる場合があります。ゲーム用途と同じく、最新パソコンを購入した場合のメリットが多いケースです。

以上、具体的なケースを上げて検討しましたが、そもそも「パソコンが何が出来るか分からない」という方は、実際に店舗のあるお店で中古パソコンに触れてみることもオススメします。

ポイント3 購入先を考える

03

パソコン購入の目的が決まったら、購入先を選びます。こちらもメリット・デメリットがあります。

実際の店舗で購入する

中古パソコンを扱っているお店はそれ程多くありませんが、実際に商品に触れて、状態を確認できるのは大きなメリットです。例えば、当店ではご希望があれば、実際に中古パソコンを起動して、状態を簡単に確かめて頂くことも可能です。

また、一般的に店舗で販売されているパソコンはプロが整備していることが多いので、安心感が高いこと、また、保証が付いているなどのメリットもあります。故障した時に相談しやすいの大きな特徴です。

デメリットは、展示スペースが限られるため、欲しいパソコンが必ずしも見つかるとは限らない点です。

ネット販売業者から買う

中古パソコンを買う方法として、ネットで販売している業者を選ぶ方法もあります。この場合は選択肢が広いので、目的にあったパソコンが選べる可能性が高くなります。また、きちんとした業者であれば、保証も付いています。

ただ、実際に実物を見られるわけではないので「思ったものと違う」というデメリットがあります。また、故障した時などは修理手続きが面倒です。

オークションなど、個人取引で手に入れる

個人取引のメリットは思った以上に安くパソコンを手に入れられることです。ただし、取引するパソコンがきちんと動作するかどうかわからない、というデメリットもあります。

特にオークションなどでは、販売されている方の知識不足から、故障しているかどうか分からないまま、販売されている場合も多いので、注意が必要です。そういったリスクを承知の上で取引する必要があるので、どちらかというとパソコン上級者向けの方法です。

実際にパソコンを買ってみよう!

04

中古パソコンのメリット・デメリットを知った上で、使用目的も決まり、購入場所が決まったら、実際に中古パソコンを買ってみましょう。

お店に行く場合、店員さんにお任せしてみるのもいいですが、ある程度、実際のパソコン選びのコツを知っていた方がより、スムーズに購入できます。

次回は、実際にお店で中古パソコンを選ぶ場合のコツ(中古パソコン選びのポイントはココ! ~CPU/メモリ/HDD編)をご紹介予定です。お楽しみに!