ゲーマースタッフTOMが選ぶ「今プレイすべきオンラインゲーム2015」ベスト5

tom_game_qlick

三度の飯よりゲーム好き!のスタッフTOMです。 仕事が終わって帰宅してもゲーム三昧。 睡眠時間を削ってプレイすること数時間……明日も仕事なのにっ!(笑)

そんな私も数々のPCゲームをプレイしていますが、今回は「今プレイすべきオススメゲーム」と題しまして、いくつかご紹介させて頂きます。

ハマりすぎて寝不足にならないように、くれぐれも注意してください!

Leage of Legends (Riot Games)

現在、「世界で最もプレイされているオンラインゲーム」がこの「Leage of Legends」(リーグ・オブ・レジェンド)。 2014年1月時点で6700万人ものプレイ人口を誇り、一日あたりのプレイヤー数も2700万人。日本でも数万人のプレイヤーが存在するビッグタイトルです。

ちなみに同時期のドラクエ10は一日あたり国内で30万人、FF14は同じく一日あたり全世界50万人といわれており、文字通りケタが違います。

ゲームジャンルとしては、ここ数年で急速に伸びてきた「MOBA」(MultiPlayer Online Battle Arena)。 数人でチームを組み、相手の陣地奥にある本拠地を壊せば勝利というシンプルながら奥深いルールです。

このゲームの特徴として、通常ゲームプレイにおける課金要素もほとんどなく、1プレイ30分~1時間程度と、気軽に遊べるのもメリット。

現在は海外のサーバーに接続してプレイする必要がありますが、日本サーバーの設立も順調に進んでいるようで、「興味はあるけど英語できないし……」と言葉の壁で諦めていた方も、プレイを始めるチャンスです。

ドラゴンズドグマ オンライン(カプコン)

2012年にPS3およびXBOX360にて発売された人気タイトルが、オンライン対応の「ドラゴンズドグマ オンライン」となって復活。 マップの区切りのないシームレスなオープンワールドで、様々な職業を駆使してモンスターを倒していくRPGです。

ゲーム開始後でも職業は自由に変更が可能。 自分に合った職業を極めるも良し、全ての職業を満遍なく試してみるのも良しです。

多彩なクエストや、パートナーキャラクターである「ポーン」など、プレイの幅が非常に広いことも本作の魅力。 加えて、多数の有名声優を起用していることも話題に。

PS3/PS4でも展開していますが、PC版ならより美麗なグラフィックでプレイすることができますので、プレイするならPCからがオススメです。

黒い砂漠(Pearl Abyss・Game On)

プレイの幅が広い……というMMORPGは多くありますが、この「黒い砂漠」は今までとは一線を画すレベルで「できることが多い」ゲームです。

冒険してモンスターと戦闘して……はもちろん、アイテムの素材を採取したり、菜園を作って販売したり、釣り竿を入手して漁に精を出したり、ペットを調教したり、街から街への貿易業で大儲けしたり……いやはや書ききれません。

またゲームを進めていくとキャラクターに「知識」が蓄積されていき、新しい世界へ踏み出す一歩であったり、よりゲームを有利に進めることができるなど、やりこみ要素も満点。

「できることが多い」というと、それだけ覚える要素も多そうなんですが、チュートリアルやヘルプ機能が充実していますので、いろいろ試行錯誤しながら(ゲーム内の)日常生活を満喫することができます。

STAR WARS バトルフロント(エレクトロニック・アーツ)

STAR WARS バトルフロント」は、FPS(一人称視点のシューティングゲーム)の超人気タイトル「バトルフィールド」シリーズと、映画界の超有名タイトル「スター・ウォーズ」がタッグを組んだ話題作です。

日本での発売日は少し先(2015年11月)なのですが、紹介致します。

というのも、オンラインゲームは正式リリース前に「ベータテスト」という大規模なユーザー参加型テストを行うことが多く、サーバーの負荷やテストプレイヤーからのバグ報告などをチェックして、万全の状態で正式リリース……という流れなのですが、その「ベータテスト」に実に900万人ものプレイヤーが参加したというから驚き。

ゲーム中には「ダース・ベイダー」や「ルーク・スカイウォーカー」など、スター・ウォーズのキャラクターに変身することができるアイテムが低確率で出現し、取得すると能力が一気に上昇します。

……とはいえ、敵に取り囲まれてしまうとすぐに負けてしまうこともあるので、そのあたりのゲームバランスはうまく取れている印象。

11月の発売を楽しみにしています。

マインクラフト (Mojang)

「箱庭ゲーム」と聞いて真っ先に候補に挙がるのが「マインクラフト」。 各種動画配信サイトなどでも、ユーザーが思い思いに世界を作り、冒険し、破壊していくさまを見ることが出来ます。

以前掲載した、スタッフふくもりの記事(小中学生で大流行!?【マインクラフト】を遊んでみました)にもありますように、Windows10版ならばストアにて購入することができます。(PC通常版は公式サイトより登録&購入)

今更紹介するのは少々時期遅れ&記事がカブっている……と思ったのですが、実は今年中にストーリーモードが実装される予定だそうです。「マイクラって面白そうなんだけど箱庭ゲームだし何していいか分からない」という理由で敬遠していた方も、これで安心してプレイできますね!

おわりに

ということで、今回は話題作中心に5タイトル紹介させて頂きました。

アクションからRPG、シューティング、シミュレーションまで取り揃えましたが、もっと紹介したいゲームタイトルはたくさんあります。

全体的に「ファイナルファンタジー」や「ドラゴンクエスト」など知名度の高い、いわゆる「国民的タイトル」ではないのですが、聞いたことのないゲームだからと敬遠するのはもったいないぐらい、どのゲームも面白いですよ。

この記事を書いた人

TOM
TOM
本名「うえなか」。2014年入社。座右の銘は「人生は一度きり」。根っからの自作PC派で、趣味はシミュレーション系PCゲームと野球観戦。ファン歴30年以上、生まれて気がついたら"阪神ファン"でした。