Windows10のパスワードを忘れた場合の対処法

01

最近、国会質問でも話題になりましたがが、Windows10関連のご相談が非常に増えています。ほとんどは「アップデートを行ったら調子が悪くなったので、元のOSに戻したい」という内容ですが、先日は「パスワードが分からなくなってしまった」というご相談がありました。

経緯をお聞きすると「もともとパスワードを設定していなかったが、Windows10にアップデート後、パスワード入力を求められたので、入力を行った。ところが、控えておいたパスワードを入力してもログインできなくなってしまった」とのことでした。

原因は、色々考えられますが、パスワード入力時に、意図した通りのパスワードが入力されていなかったと考えられます。

そこで今回は、パスワードが解除できない場合の対処法についてご紹介します。

アカウントの二つの種類

02

パスワード解除について必要なユーザーアカウントの種類についてご説明します。実はパスワードを設定できるユーザーアカウントの種類には2種類あります。「Micorosoftアカウント」と「ローカルアカウント」です。

「Micorosoftアカウント」は、メールアドレスの登録が必要ですが、Microsoftのオンラインサービスを利用したり、複数のパソコン間でデータを共有したりすることが可能になります。

「ローカルアカウント」は、「Microsoft」のサービスが利用できない、パソコン固有のアカウントです。

パスワードを解除する場合「Micorosoftアカウント」が設定されている場合は、解除は非常に難しくなります。

もちろんパスワードを忘れた場合の救済処置は用意されています。

Micorosoftアカウントのパスワードを忘れた - Microsoft.com を参照

ただ、上記の手順で解除できない場合、少し複雑な作業が必要です。

今回のお客様のケースは「Micorosoftアカウント」が設定されており、簡単に解除できない内容でした。データの保護が必要とのことでしたので、データをバックアップ後し、Windowsの再セットアップを行いました。

実際の作業の流れ

06

そのままでは、データにアクセスできませんので、本体を分解し、ハードディスクを取り出します。ハードディスクを別のパソコンに接続し、必要なデータをバックアップします。

その後、ハードディスクを元に戻し、リカバリを開始。最終的にデータを元のパソコンに戻せば、作業完了です。

再セットアップをできない場合

05

今回は、再セットアップが可能でしたが、重要なソフトウェアがインストールされていて、再セットアップを避けたいというケースもよくお聞きします。

その場合は、Windows10のディスクを使用し「新しいユーザーを作成しデータを移行」することで可能な場合があります。また、上記の「ローカルアカウント」は、特殊な方法で解除を行うことも可能です。

「長期間使わなかったので、パスワードを忘れてしまった」「前の社員が退職し、使っていた社用パソコンのパスワードが解除できない」など、パスワード関連で困られたら一度当店までご相談下さい。

パソコンのプライバシー守ってくれるパスワードですが、取り扱い方によっては、大きなトラブルに発展することもありますので、パスワード設定を行う場合は、くれぐれもご注意を。スタッフ・フクタンでした。