【Apple製品対応可能】 iMacからのデータ救出

eyecatch

こんにちは。最近は修理のご依頼が非常に多く、ドタバタの毎日を過ごしているよっしーです。今回はWindows製品ではなく、Apple製品のデータ取り出しの様子を簡単にご紹介。iMacからデータ救出するため、分解してハードディスクを取り出す工程です。

2

このiMacが今回の修理対象です。Apple製品はボディを綺麗に魅せる為、ネジなどが隠されていたりするので、分解へのとっかかりが分かりづらいです。

3

まずは画面の透明パネルをはずします。磁石で止まってるだけなので、比較的簡単に取り外し可能。

4

取り外した透明パネルの下から画面の枠にそってネジが大量にあります。丁寧にひとつずつ取り外します。

IMG_3381

ねじ山が星形になっているので、とりはずすには特殊なドライバーが必要です。

5

これで今度は前面の枠がすべて外れました。

6

さらにその下からでてきたネジを取り外します。

7

ガシャッとはずれてハードディスクを発見。画面側と本体側で何本かのケーブルが接続されている為、少しだけ空けた状態でハードディスクを取り出し。

8

ハードディスクのネジを取り外します。ネジ2本だけでとまっているので簡単に取り外し可能。

9

あとはハードディスクに接続されているデータ用のケーブル、電源用のケーブルを取り外して……

10

無事ハードディスクがとりはずせました!

11

Macに使われているハードディスクがこちら。リンゴマークが入っているのが目印です。

12

取り出したハードディスクはエラーを含んだ状態でしたが、なんとか無事にデータを吸い出すことができました。これでお客様にも喜んで頂けます。

さいごに

今回は画像を中心に修理風景をお届けいたしました。このように、QLiCKではお預かりした修理はすべてスタッフが1台1台丁寧に修理しています。クリックの日常のひとコマ如何でしたでしょうか。故障の際はご相談くださいね。

この記事を書いた人

よっしー
よっしー
チーフ「よしだ」。2009年入社。座右の銘は「真面目に取り組む」。プログラミング全般、ウェブ製作、ネットワーク関連に強い。趣味は映画鑑賞、海外ドラマが大好き。