【QLiCKバックヤードツアー】店内アナウンス2016年バージョン作成記

11日まで続いていたQLiCKの新年初売りセールも終わりましたが、未だにお正月気分が抜け切っていないスタッフTOMです。さて、お気づきになりましたでしょうか? 店内で流れるプロモーションアナウンス。 もちろん初売りセールの時にも流れていました。

実はこの店内アナウンス、私が担当しています。

tom_recording_shop_bgm01

自分の声がプロモーションに使われるのは、なんとも面はゆい気持ちになりますが、「アナウンスでお得な商品が流れてるのを聞いて購入を決めた」というお客様もいらっしゃいますので、そんな時は心の中でガッツポーズを取りながら、「ありがとうございます!」という気持ちになります(笑)

セール時だけでなく、通常営業時にもアナウンスは流れているんですが、せっかく新年を迎えましたので、このたび『2016年バージョン』を新たに作成しました。

アナウンスは、わかりやすく、ハッキリと、簡潔に!

tom_recording_shop_bgm02

ちなみに、これらのアナウンスは原稿作成・録音・編集まで全て私が行っています。昨年から担当しているとはいえ、レコーディング時は緊張しますし、編集作業は未だに慣れません(苦笑)

前述のとおり、店内アナウンスは販促活動に繋がるため、妥協できません。ご案内したい内容は沢山あるのですが、詰め込みすぎて冗長になってしまっては、伝わるものも伝わりません。逆に、短すぎても何が言いたいのか分からなくなりますので、要点を押さえた上で、必要十分な情報をお伝えすることが重要。

それを念頭に置いたアナウンス原稿を作成しています。

いつもレコーディング時は緊張します

tom_recording_shop_bgm03

原稿ができあがると、いよいよレコーディング作業。 閉店後の静かな店内で行っています。自分の声が重要なプロモーションになるということで、録音する時は緊張します。もちろん録り直しはできるのですが、より良いアナウンスを心がけるあまりに、時にはミスしてしまうことも。

失敗例1

「本日は、パソコンップ・クリックへご来店くださいまして……」……パソコンソップ? 出だしから早速噛んでしまいました。

失敗例2

「パソコンに関する皆様のやなを、素早く解決します!」……「おやなみ」ではなく「お悩み」ですね。 こちらは録音時には全く気付かず、編集している時にやっと気づき、慌てて録り直しということに。

失敗例3

「クリック リナルパソコン・Falconシリーズも大好評です!」……「オジリナル」という新単語が誕生してしまいました(笑) もちろん本来は「オリジナル」なのですが……もはや舌が回っていません。

さいごに

こうした紆余曲折がありつつ、原稿作成から録音編集まで、様々なチェックを受けながら店内アナウンスを作成しています。時には完成まで数日かかることもあり、なかなか一筋縄ではいきません。

さて、今回のアナウンスは最終的にどういった形に出来上がったのでしょうか?

それは、是非店舗でご確認ください!

この記事を書いた人

TOM
TOM
本名「うえなか」。2014年入社。座右の銘は「人生は一度きり」。根っからの自作PC派で、趣味はシミュレーション系PCゲームと野球観戦。ファン歴30年以上、生まれて気がついたら"阪神ファン"でした。