スタッフTOMが選ぶ【クルマに常備しておきたいアイテム】BEST.5

001

先月、これまで十数年乗り続けていた ミラジーノ から ムーヴカスタム に乗り換えたスタッフTOMです。新車は燃費も性能も段違い。 パソコンもそうですが、自動車業界も技術の向上は目覚ましいものがありますね。

さて、せっかく新車になったことですので、今回は「普段乗っている車に常備しておけば便利なアイテム」をご紹介。

普段使いに有用なものから、もしもの時に活躍するものまで取り揃えています。 もちろん全部QLiCKでご購入できますよ~。(宣伝)

USBシガーチャージャー

002

スマホ・タブレット・ポータブルゲーム機など携帯デバイスは数多くありますが、車で遠出しているときなど、「うっかり充電残量がピンチ!」な経験はありませんか?

最近の携帯デバイスは充電池の容量が飛躍的に向上したとはいえ、ナビ機能や音楽再生、または常時通信型のアプリを常駐させていると、アッという間に電池が減っていきます。

そこで、シガーソケットから充電できるシガーチャージャーを常備しておきましょう!

急速充電対応品なら、ハードな使用で電池残量が気になる時でも安心。 また、写真の商品はUSBケーブルが巻取り式のため、邪魔になりにくいのも便利。

最近の車はシガーライターの装備は見かけなくなってきましたが、携帯デバイスのおかげでシガーソケットは無くなりそうにないですね。

USB⇔MicroUSBケーブル / USB⇔Lightningケーブル

005

先ほどの「USBシガーチャージャー」とセットで使いたい商品。

シガーチャージャーの中には、USBポートがついているものが多いので、USB充電ケーブルも用意しておきましょう。助手席や後部座席に友人知人を乗せたとき、二人分の携帯デバイスを充電することができます。

iPhoneやiPadなどのApple製品にも対応できるよう、Lightningケーブルも用意しておけば、「気配りのできるステキな人」として評価がアップするかもしれません。(笑)

大容量SDカード

003

カーナビやカーオーディオがSDカードに対応しているならば、音楽再生はSDカードに入れておきたいところ。

もちろんスマホや携帯型音楽再生デバイスからカーオーディオに接続しても良いのですが、電池が減ってしまいます。 述のシガーチャージャーを併用し、充電しながら音楽再生……となると、バッテリーの劣化が心配。あらかじめSDカードに音楽を入れ、カーオーディオで再生すれば全て解決します。

SDカードにはSD・SDHC・SDXCと規格がありますので、カーナビやオーディオが対応しているものを選びましょう。32GBのSDHCカードの場合、単純計算でCD(700MB)4万5千枚ぶんの音楽を収録できますし、MP3などに圧縮すれば更に多く保存できます。

MicroSDカードでも、変換アダプタを使えばSDカードスロットに接続できますよ。

液晶クリーニングクロス

004

ほとんどの車にカーナビが搭載されている時代となりましたが、タッチ式ナビならばクリーニングクロスも常備しておきましょう。指紋だらけのカーナビは見た目も視認性も悪くなってしまうため、こまめに拭いてあげましょう。

カーナビだけでなく、スマホやタブレットの画面を拭くときも便利。

普通のウエットティッシュなどは画面を傷つけてしまう恐れがあるため、避けたほうが無難です。

ドライブレコーダー

006

安全運転を心がけていても、いつ思いがけない事故に遭遇してしまうか分かりません。そんな時のために、ドライブレコーダーで事故前後の状況をしっかり記録しておきたいところ。

ドライブレコーダーは数多く販売されていますが、イザという時に決定的な証拠になりうるため、高解像度で長時間録画できるものがオススメです。

また、普段はドライバーの視界を妨げないような小型タイプや、ルームミラーに取り付けるタイプを選べば邪魔になりにくいので便利です。

最後に

この他にも多種多様な便利グッズが販売されていますので、デジタルデバイスと組み合わせて快適なドライブを楽しみたいですね。

それでは良きカーライフを!

この記事を書いた人

TOM
TOM
本名「うえなか」。2014年入社。座右の銘は「人生は一度きり」。根っからの自作PC派で、趣味はシミュレーション系PCゲームと野球観戦。ファン歴30年以上、生まれて気がついたら"阪神ファン"でした。