【TOM成長記】iPhone6ガラス割れ修理編 (大和郡山市M様)

tom_iphone_repaire_legend2

もう少しで発表されると噂の iPhone6s 発表を待ちわびているパソコンショップ販売スタッフのTOMです。

噂では画面の解像度が1.5倍になるという話もあり、さらに高精細な画像や動画を楽しむことができそうで、ワクワクしています。

iPhoneといえば、当店で大変好評頂いているiPhone修理。 私も修理を担当し始めて早数ヶ月。月日が経つのは早いものです。

最初はおっかなびっくりで、頼れる先輩方にアドバイスを頂きつつ修理を行っていました。 慣れないうちは、液晶パネル交換修理も1時間以上かかってしまっていたりと四苦八苦していましたが……場数を踏むことで徐々にスキルアップしていき、今ではスムーズにご返却できるようになりました!

今回の修理は、大和郡山市 からご来店のMさま。 iPhone6 のフロントガラスが割れてしまったため、交換修理のご依頼です。

受付が終わり、さっそく修理を開始しました

001

大事な携帯デバイスですので、一刻も早く返却できるように素早いスタートが肝心。 16時にご来店頂き、受付を経て修理開始時刻は16時10分からです。

数ヶ月前は1時間以上かかっていたパネル交換。 さてさて、今回の作業時間は……?

作業には慎重さと素早さの両立が求められます

002

まずは分解してパネルを取り外します。 取り外すまではパネルをしっかり支えておかないと、ケーブルが損傷してしまう可能性が高いため、特に気をつけなければならないと先輩から教わりました。

iPhoneに限らずスマートフォンは細かいパーツが詰め込まれた精密機器ですので、作業中に気を抜くことは絶対できません。

無事パネルを取り外せたら、次はパネルに付いているパーツを全て分解します。

003

iPhoneのフロントパネルには、カメラやイヤースピーカー、ホームボタン、近接センサーなど細かい部品が満載。 これらを慎重かつ丁寧に取り外します。

固定されているネジはミリ単位の小さいものですし、各パーツは細いケーブルで繋がっているものもありますので、製造技術の高さを感じられるとともに、最も神経を使って作業すべき箇所。

逆に言うと、ここが腕の見せどころです!

004

全て取り外したあと、逆の手順で新パネルにパーツを付けていきます。 この組み上げ作業をどこまで素早くできるかによって、全体の作業時間を左右される重要箇所。

素早く行う必要があるとはいえ、雑な作業はできません! 細かいパーツをひとつずつ丁寧に組み上げます。 写真で見ても非常にネジが小さいとお分かりいただけるかと思います。

005

左がパーツを取り付けた新パネル。 右が元々のパネルです。 画面全体にヒビが広がっている元パネルと比較すると、見た目は完全に新品同様です。

ここまできたら、新パネルを本体に戻し、各コネクタを接続します。 コネクタも非常に細かく作られているため、力加減が難しいところです。

一歩間違えてコネクタが破損してしまっては大惨事。 コネクタ接続の際は「ハムスターのおなかを撫でるぐらいの力加減で」という店長からの教えを忘れることができません。

各コネクタを接続したら、いよいよ電源ON!

組み戻しが無事完了。 気になる作業時間は……?

006

正常表示確認!

タッチセンサーやホームボタンも完璧に動作しています。 作業中のトラブルがなかったため、スムーズに作業ができました。

009

修理完了時刻は16時40分。 実修理時間は30分でした。 当初に比べてスピードが2倍になっています。 我ながら「成長しているな~」と自画自賛するところです(笑)

ここから更にボリュームボタンやバイブレータ、ライトニングコネクタ、カメラなど全ての動作テストを厳密に行い、問題なければ完成です。

オプションで保護フィルムの貼り付けも

007

今回は更に保護フィルムの貼り付けもご希望でしたので、動作テストの終わった iPhone6 に装着します。

気泡やホコリの入らないよう、注意しつつ貼り付けていかなければなりません。 パネル交換時と同じく、慎重かつ丁寧に作業を行います。

綺麗に貼りつけるにはコツがいりますが、お客様がまず最初に注目する画面部分ですので、気を抜けません。

008

今回は指紋防止と指すべりに特化したフィルムですが、衝撃に強いガラスフィルムや、ブルーライトをカットするフィルムなど、数種類の商品がございますので、お好みのフィルムをお選び頂けます。

約40分で修理完了。お客様にご返却いたしました。

修理完了から、完全動作テストと液晶保護フィルム貼り付けのため、10分ほど追加でお時間を頂きましたが、受付から約40分でお渡しできる状態になりました。

お渡しの際「もうできたの!?」「新品みたい!」と大変お喜び頂けました。貼り付けたフィルムにもご満足頂けたようです。

この度はご利用誠にありがとうございました。

この記事を書いた人

TOM
TOM
本名「うえなか」。2014年入社。座右の銘は「人生は一度きり」。根っからの自作PC派で、趣味はシミュレーション系PCゲームと野球観戦。ファン歴30年以上、生まれて気がついたら"阪神ファン"でした。