「iOS8.4アップデート失敗」iPhoneリカバリーモードから復旧

iPhoneリカバリーモード

先日Appleさんの「iOS 8.4」が発表され、さっそく更新した方も多いかと思います。今回の更新で「Apple Music」が使えるようになると、以前にも記事でご紹介いたしましたが、今回のテーマはOSアップデート失敗についてです。

iPhone4が登場する前のiPhone3GSを使っていた頃、本当にOSアップデート失敗は日常茶飯事でした……。失敗するとどうなるかといいますと、iPhoneが起動しなくなります!!

起動しなくなるということは、「携帯電話として使えなくなる」だけでなく、「データも失われる」という惨事になることも……。

iPhoneがOSアップデート失敗で起動しなくなったとき

iPhoneのOSアップデート関連のトラブルで、修理のご依頼として持ち込まれるとき、以下の3つのパターンが多いと思います。

真っ暗になった状態

20150706_102505600_iOS

画面が真っ暗になり、充電しても反応しない状態です。完全に壊れた状態に見えますが、これもOSアップデート失敗時に発生することがあります。

リカバリーモード

iPhoneリカバリーモード

iOSをアップデートしている途中、接続が切れて上記画面が表示されたとき、リカバリーモードになります。OSアップデート失敗時の典型的な症状です。

リンゴループ

20150706_102447059_iOS

iOSデバイスを起動しようと思っても、Appleのロゴであるリンゴマークが画面に出たまま起動しないままになります。OSアップデート失敗時でも特にひどい症状です。希にバッテリー故障が原因でこのようになることもあります。

自力で起動しないiPhoneを復旧するには?

いずれも自力で何ともならないことが多いのですが、データ喪失を覚悟の上で、パソコンを使って復元してしまえば、成功することもあります……おそらくデータは失われます……。

Appleさんの記事によるとリカバリーモードで戻す記事しか見当たりませんでした。

iPhone、iPad、または iPod touch をアップデートまたは復元できない場合、iOS デバイスをリカバリモードにしてから、iTunes を使って復元することができます。

iPhone、iPad、または iPod touch をアップデートまたは復元できない場合

iPhone、iPad、または iPod touch をアップデートまたは復元できない場合

当店でのOS復旧例

20150706_102334909_iOS

先日、「iOSアップデートに失敗した」とのことでリカバリーモードから抜け出せなくなったお客様が来店されました。何度再起動してもケーブルをつないでもiTunesに接続する画面が出て起動してきません。「保証期間内なので、Appleで交換してもらえるので、データだけでも救出して欲しい」とのご相談でした。

方法は企業秘密ですが…… 起動する状態に復元いたしました! もちろんデータもそのままでしたので、お客様は大変喜ばれておられました。

まとめ

通常、iOSをアップデートする際には、まずバックアップを取りましょう。その後アップデートすれば、最悪iPhoneが起動しなくなっても、データは残ります。また、アップデート完了後にiPhoneからデータが消えてしまう珍事もみかけますので、念には念を入れて大切なデータを保護することが大切です。iPhoneをアップデートする際、失敗しても復元する時間があるときに行うことがおすすめです。

それでも失敗してしまい、起動しなくなったときは、ホームボタンと電源ボタンを10秒位長押しして、強制再起動を試してみて下さい。それでも駄目ならリカバリーモードからの復元、データが消えてはいけないときは、スタッフまでご相談下さい。

この記事を書いた人

うっちー
うっちー
店長「つじうち」。2009年入社。クロスインテクノ株式会社の創業者。座右の銘は「為せば成る」。趣味はゲーム・アニメ・スノボなど。一児のパパさんです。